インドネシア マンデリン・リントン 深煎り 200g

1,100円(内税)

在庫状況  残り7個です

豆の挽き方
購入数


スマトラ島のトバ湖南部のリントンニフタ村があります。リントン周辺にはキリスト教を信仰するバタック族が居住し、コーヒーを中心とした農業を営んでいます。バタック族は、言語の違いによる6つの民族(トバ族、カロ族、シマルングン族、パッパク族、マンデリン族、ニアス族)から成り立っています。

このスマトラ島のアラビカコーヒーは、マンデリンとも呼ばれ、深い緑色の生豆、独特のコクのあるハーブ系の風味で日本人のコーヒー通に親しまれてきました。アメリカのスペシャルティコーヒー業界でも、コクのある風味から大変人気のあるコーヒーですが、マンデリンはスマトラ島の全生産量の10%と少なく、近年は入手が困難な銘柄の一つとなっています。


生産国 : インドネシア スマトラ島 
エリア : リントン地区  ニフタ村
標高 : 1,400~1,600m
品種 : ティピカ
生産処理 : セミウォッシュド(伝統的なスマトラ式)
風味 : マンデリン特有のハーブ系、チョコレート、バターマウスフィール



帷子珈琲 katabira coffee